夫婦

シッポの運動量を上げよう!!

六本木の不妊治療といってもその取り組み方は複雑なものや高額なものなど状況によって選択肢は沢山あります。さらに女性主導でやっとこれと決めて不妊解消の方法を選択したとしても、パートナーとなる男性に協力してもらうように説明するのがまた一苦労です。特に六本木の男性の側からすると「検査」や「治療」というワードを出しただけで「俺はいいよ」になってしまうケースが多いでしょう。また実際に何が原因かがわからない状況で、まだそこまで深刻ではないけど・・・でも何かは始めた方がいいのかな?と考えている方もやはり多いと思います。そこで気軽に不妊治療成功のキッカケになり、かなりの効果も期待できるのが精子を元気にすることです。
具体的には男性に意識して亜鉛を摂取してもらうことです。食べ物から効率良く摂取するのはなかなか難しいので、やはりサプリメントを利用するのが一番簡単です。まだ、亜鉛の摂取=精子の活性化という実証がなされてはいませんが、亜鉛を適正量摂ること自体は健康な体を保つにあたり良いことではあります。
精子のシッポの運動量が上がると精子が真っ直ぐ泳げる力がつくようです。しかし、一番の効果は「男性側も協力してくれている」という事実があること、何か行動しているんだということなのです。まずはお互いにそういう「気持ち」を持てるようになることが、六本での不妊治療の成功へとつながっていくのです。是非、今日から始めていただきたいと思います。

私の不妊治療体験

自分を不妊じゃないかと疑い始めたのは、避妊をやめてから半年経った頃でした。周りは結婚式後にすぐ妊娠するも、私はなかなかできませんでした。年齢的にもまだ若かったこともあり、周りには「そのうち出来る」言われていましたが、不安になり、一度検査しようと思い六本木の不妊治療で有名なクリニックに行くことにしました。
初めての予約の日、看護婦さん・院長と個人面談をし、今後の六本木での不妊治療について話し合いをします。ちょうど伺った時に生理中だったので、生理中にしかできない血液検査などを行いましたが、5本も採血をしビックリしたことを今でも覚えています。
生理中・排卵期・黄体期とそれぞれのタイミングで血液検査に通い、また卵管造影検査や通水検査も受け、結果がわかるまでひと月程かかりました。
私の不妊原因は原因不明でしたが、AMH値が年齢の平均と比べ低いことがわかり、ショックでした。実年齢より10歳も上の値だったのです。幸いにもまだ年齢が若いこともあり、妊娠できる可能性は十分にあると言って頂けてホッとしたことを覚えています。このままタイミングを取り続けるより、人工授精や体外受精にステップアップを進められ、次の周期から人工授精を行うことになりました。
幸いにも3回目の人工授精で妊娠に至り、現在8ヶ月に入りました。早めに六本木で不妊治療に踏み切ったこと、本当に良かったと思います。もし悩んでる方がいたら、ぜひ一度検査をすることをお勧めします。

体外受精体験談

私は、31歳で結婚して、夫がしばらく子どもを望まなかったので、避妊していました。その後、夫がEDとなり、セックスレスとなりましたが、38歳の時に「卵子劣化」についての報道が多くなされるようになり、焦った夫は、六本木で不妊治療を始めようと言いました。私も子どもが欲しかったので、タイミング療法から始めましたが、夫がEDであるため、うまくいかず、次に体外受精にステップアップすることになりました。
六本木の不妊治療にかかる費用は、まず不妊検査一式(血液検査、感染症検査、内診など)で約10、000円(健康保険適用)。体外受精の費用は自費で、採卵が10万円位、体外受精作業が1卵子につき7万円位、培養(受精卵を胚盤胞までにする作業)が10万円位、お腹に戻す作業(胚移植)が10万位、計40万円ほどかかりました。
私の場合は、1回の採卵で3個くらいしか卵が取れず、胚盤胞になる卵はそのうち1つだけだったので、1回失敗したらまた初めからやり直しです。それを3回行ったので、120万円以上かかりました。
また、移植までにホルモン注射を1回3000円×5回位打ちます。1回目は妊娠反応があり、心拍確認までいけたのですが、8週目で心拍停止が確認され流産。お腹のものを出す手術が3万円位(健康保険適用)かかりました。2・3回目は妊娠反応は出ずからぶり。3回目の移植で妊娠できなかったので、六本木の不妊治療を断念しました。治療期間は1年でした。


なかなかまわりには相談などがしづらいということから六本木の不妊治療クリニックでお世話になる方が多くなっています。知識のある方にならいろいろと相談できますし、それによってかなり不安から解放されるようなのです。いま不妊にお悩みになっている方は、六本木の不妊治療クリニックへ訪れて、その思いを打ち明けることをおすすめします。いまよりずっと楽になりますので、ぜひ。

トピックス

赤ちゃん(黄)

不妊治療は休み休みに

まだ20代ではまさか自分が不妊になるとは思いませんでした。自然に妊娠するのを1年待ちましたが妊…

MORE

赤ちゃん(青)

反復流産のため不妊治療を受けました

私は30代半ばで妊娠を希望し、半年ほど夫婦で子作りしてみたものの、なかなか妊娠に至りませんでし…

MORE

赤ちゃん(赤)

不妊治療の病院を選ぶためのポイント

六本木で不妊治療を受ける際の病院選びのポイントとして押さえておきたいのが次の5点です。…

MORE

ピックアップ

赤ちゃん(緑)

不妊治療の人工授精について

六本木のタイミング法でなかなか成果が上がらない場合、本格的な不妊治療が始まっていきます。まずは人工授精です。人工授精は保険適応の不妊治療となりますので金銭的な負担は大きくありません。六本…